MENU

寝返りとよい睡眠。

2016 8/04

こんにちは、もちづき整骨院根本です。

 

今日は、暑い仙台でございます。

 

さて、最近よく眠れていますか?

 

眠る時も姿勢が関わってくるのですが、気づいたら上下さかさまで寝ているとか、

枕やタオルケットを蹴っ飛ばしているとか、隣で寝ていたはずの子供がなぜか足の間にいるとか・・・

 

よくあります・・・

 

さて、この現象。

 

そう、寝返りですね。

 

人間が自然と行っている寝返りは、寝返りをすることで体温調節をしています。

 

長時間同じ姿勢が続くと、起きている時もそうですが、眠っている間も血液やリンパ液などの循環を促したり、

 

他には床ずれの防止、はたまた体のゆがみを防いでいると言われています。

 

また、身体が寝床との間で熱がこもるので、体温の上昇を防ぐことをしています。

自然と寝返りしながら、良い睡眠をとること。

 

これは、

・身体の成長。

・傷などの修復。

・心身の疲労回復。

・免疫力向上。

・脳に関しては、記憶の整理など

また、自律神経が整えられると、すっきり目覚めた時に身心共にリセットされている状態となります。

 

寝返りとよい睡眠の関係でした。

この記事を書いた人

目次
閉じる