MENU

ガニ股の原因と改善方法

2016 9/22

患者さん 「私のガニ股どうにかなりませんか?」

私     「はい、大丈夫です、姿勢を見直すとよくなります」

患者様は21歳女性です

当院には肩こりがひどくてご来院されました

姿勢の歪みをチェックしていたところ、下半身の使い方が安定してないことに気づき

話を伺ったところ

「小さいころからご両親やご友人に足の開きを指摘され

ずっと気にしてた・・・」

と話してくれました。

肩こりとガニ股

一見関係ないと思われがちですが

肩こりもガニ股も姿勢不良が原因です

筋力低下を指摘されることが多く

下半身の筋肉を鍛えるたり、普段から脚を閉じる努力をされる方も多いんですが

下半身の筋力低下や局所の歪みが原因じゃありません

身体全身の使い方に原因があります

特に【腹圧】がぬけてると

身体はうまく使えません

%e8%85%b9%e5%9c%a7%e9%ab%98%e3%81%84%e4%bd%8e%e3%81%84

 

 

腰痛の原因にもなりますね

日常生活の立つ、座る、歩くなどの動作も

この腹圧が高いと安定してカラダを動かすことが可能になります。

腹圧を高める方法

ます姿勢を正します

ここを適当にすると効果が薄れるので

しっかりとフォームをとりましょう

姿勢はこの動画参考にしてください

姿勢を正したら次に深呼吸を行います

●吸うときにお臍を脊柱に近づけるようにお腹をへこませます

●十分に吸ったら今度は吐きます。吐くときにお腹をへこませたまま
  ゆっくり吐いてください。下腹部あたりに内側から圧力がかかるので
  慣れてくると感じるようになります

●これを3~5回繰り返すと体がだいぶあたたくなります。
  特に下半身に冷えを感じてる人は冷え性改善につながります

 

 

あなたの脚が綺麗になりますように!

ぜひためしてください

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました

この記事を書いた人

目次
閉じる