生理痛にお悩みのアナタヘ

仙台で生理痛にお悩みのアナタヘ

マイベストプロ 仙台はじめまして仙台やさしい整体の望月と申します。

当院は北仙台駅から徒歩で10分という立地にもかかわらず、仙台中から生理痛に悩む患者さんが来院されます。

最近増えてきたのは、

  • 生理痛
  • PMS
  • 便秘
  • 吐き気
  • 倦怠感
  • イライラ
  • 寝込んでしまう
  • 月経困難症
  • 排卵痛
  • 無月経
  • 不正出血
  • 大量の出血
  • 月経不順
  • 更年期障害
  • 不妊症

に悩む患者さんです。

もし、あなたもこのような症状でお悩みなら、お早めにご相談くださいね。

なぜ生理痛になるのか?

子宮の中には、赤ちゃんの寝床になるベッド=子宮内膜が月に一回つくられます。

でも、赤ちゃんができなかったら、ベッド=子宮内膜を血液と一緒に体の外に出します。

これが月経の仕組みです。

この時に子宮内膜をはがすのがプロスタグランジンというホルモンです。

体が冷えて血行が悪くなるとプロスタグランジン、が行き渡らなくなって子宮内膜がはがれにくい状態になります。

さらに冷えで血行が悪いと子宮の筋肉が固くなって子宮が収縮しにくくなります。

そうすると、生理の血液を子宮外に押しだすために、血流のよくない子宮をより強く収縮させなければなりません。

その結果、生理痛ひどくなる

というサイクルになっています。

 

 

生理痛になりやすい人の特徴とは?

実は、生理痛になりやすい人には、ある特徴があります。

それは、無意識下で内臓の働きを調節している自律神経のリズムが乱れていることです。

不眠や倦怠感、生理不順などは自律神経のリズムが乱れて、子宮を休めたり動かしたりするタイミングがおかしくなっている証拠です。

そのため、生理痛に悩まされ易くなります。

逆に、自律神経のリズムが正しくなって、体内時計が合ってくると、

夜はスッと眠りについて、朝まで熟睡できるようになります。

そうなると、生理の周期も正常になり、生理痛ともオサラバできます。

子宮の冷えが生理痛の原因です。

内臓は周囲の筋肉によって動くため、筋肉の動きが悪くなる=血行が悪くなると内臓が冷えてしまいます。

お腹が冷えればお腹が痛くなって下痢になるように、子宮が冷えると無月経になったり痛みが出ます。

子宮はハンモックの骨盤にぶら下がっているのですが、これを支える筋肉が冷えるとカチカチに固まってしまいます。

この筋肉を骨盤底筋群と呼びます。

骨盤規定筋群は月経の時にはゆるんで広がるのですが、冷えているとスムーズに広がらず、広がるときに痛みが出ます。

本来は、整理が終わる骨盤底筋群は閉じるのですが、動きが悪いと閉じきらず、尿漏れが起きます。

こうした冷えからくる骨盤底筋群の動きの悪さも生理痛の原因です。

 

仙台やさしい整体の生理痛の治療

当院では、まず全身の筋肉の緊張をゆるめてリンパや血液を流す施術をおこないます。

そうすると、歯の食いしばりや肩のこり、目の奥の疲れなどが解消してリラックスモードに入ります。

さらに、足の長さの左右差などの歪みの原因をとりのぞき、内臓機能を高めるケアを行ないます。

やさしい整体の名の通り、バキバキしたりしませんし、他のリンパケアのように強い力でギュッとリンパを流すこともしません。

体の奥の筋肉=深層筋のコリをほぐし、全身の筋肉をリラックスさせてリンパや血液を流す整体です。

これで、手足がポカポカして、夜もグッスリねむれるようになります。

そうすると免疫機能が高くなり、子宮の調子が変わっていき、生理痛が改善していきます。

体の歪みからくる、肩こり・腰痛・膝痛もケア

人間の背骨はつみ木のように小さな骨が積み重なっています。

この積木が崩れてしまうことが肩こり、腰痛、膝痛の原因ですし、子宮のコンディションも悪化させます。

daruma

骨格がズレてバランスが崩れ、身体が傾き始めると、ナナメになった身体を支えるために筋肉にギュッと力が入ります。

この疲労が積み重なって筋肉がボロボロになると痛みが出るのです。

b61f1528fca9e64e6f4784cb0f71c98b

筋肉から痛みが生まれ、慢性化してしまう流れ

体の歪みを支えている筋肉が疲労してしまうと、パンパンに張ってきます。

これは、筋肉の新陳代謝が悪くなってくるためです。

筋肉は、血液から酸素や栄養分を受け取っています。

血管からリンパ液にしみだした酸素やタンパク質を吸い込んで、老廃物を吐き出す。

筋肉は伸びるときに酸素やタンパク質を吸い込み、縮むときに老廃物を吐き出すので、筋肉が固くなると酸欠になります。

正座をするとシビレ来るのは筋肉が酸欠になるからです。

マッサージは逆効果

「マッサージをすると筋肉が固くなる」って言ったら信じていただけますか?

「マッサージは少し痛いぐらいが気持ちいい」「弱いマッサージなんて効かない」っていう反論が聞こえてきそうですが、

筋肉は繊維でできているので、強い力でグイグイ押すと、繊維がプチッとちぎれてしまうのです。

「もみ返し」は繊維がちぎれてしまった証拠です。

そして、ちぎれた繊維は、太い繊維となって再生するので筋肉が固くなります。

つまり、マッサージによって筋肉がほぐれるどころか破壊されて固くなるのです。

では、どうやってほぐすのか?

「じゃあ望月先生はどうやってほぐすの?」

はい、私は「押さない・揉まない・引っ張らない」方法で筋肉をゆるめていきます。

それも、皮膚に近い表層の筋肉だけでなく、骨に近い深層の筋肉もゆるめてしまいます。

なぜ「押さない・揉まない・引っ張らない」のに効果があるの?

筋肉が疲労し、乳酸がたまってパンパンになる

脳からの信号が出て交換神経が働き(①血管が収縮し狭くなる。②運動神経が働き筋肉が緊張していまい血管が狭くなる)

血管の流れが悪くなる

栄養や酸素が不足する

痛みを起こす物質が体の中で生まれる

痛みを感じる に戻る

というサイクルで腰痛が慢性化していきます。

この悪循環を断ち切るために、筋肉にたまった疲労物質をリンパに流していきます。

アゴの食いしばりをゆるめて全身をリラックスさせていく

現代社会で生きている私たちは、毎日ストレスにさらされて知らず知らずの間にアゴにギューっと力が入っています。

無意識のうちに奥歯を食いしばり、咀嚼筋(かむ筋肉)がキンキンに緊張しています。

これをフーっとゆるめてあげると、全身がリラックスするのです。

マスコミでも注目されています

血行やリンパの流れが改善されると、肩こり・頭痛・耳鳴りの症状もよくなります。

また、血行も良くなりリンパの流れが改善され新陳代謝がアップするので、シワ・たるみ・むくみ・くすみなどお肌の悩みも改善されます。

その優れた美容効果が話題となって、各地のエステティック・サロンや、美容雑誌で活躍するモデルさんの間でも支持が広がっています。

zasshi