腰椎すべり症の原因は腹圧の低下にある!腹圧を高めて脊髄のカーブを正常に戻す呼吸法

腰椎すべり症、分離症を患ってる方の

脊柱湾曲の特徴は腰椎部分のカーブが異常に強くなってます

カーブが強い状態で長時間歩いたり、座ったり、運転すると

お尻が痛くなったり、症状が悪化すると

膝裏まで痛みが連動します。

腰椎のカーブ(反り)が強いと姿勢が丸くなるため

背筋を伸ばして一生懸命カラダを支えようとします

しかし、実はその背筋を伸ばす姿勢が余計に痛みを助長させてるんですね

「んじゃどこを意識して立てばいいの?」

と思われた方はこの呼吸法で

 

お腹を絞めて

姿勢を保持してください

 

 

なれるまで結構きつく感じると思いますが

少しずつ継続してみてくださね

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

Follow me!