寝違えは布団で寝てるとき

 

乗り物に乗って移動中のうたたね

 

学校の休み時間や仕事の休憩時間の仮眠中に

 

疲労が蓄積されたカラダが

 

良からぬ方向に捻られて

 

長時間同じ姿勢でいると

 

目が覚め時

 

 

「うっ!!首が回らない」

 

 

強い痛みを伴います

 

良かれと思ってやってることが症状を余計に悪化させる

 

私も経験ありますが

 

ほんと不便ですよね!

 

後ろをふりむこうとしてもカラダごと向き変えないといけないし

 

机に向かってても集中力が欠如する

 

自然と痛みがある場所に手が向かい

 

ついついマッサージやストレッチ、無理やり首の運動をしがちです

 

しかし、この対処法が寝違えを悪化させる危険性があるんです

 

自分で寝違えを解消する簡単セルフケア

 

2009年まで少年マガジンに連載されていた『ゴッドハンド輝』で「寝違え治しストレッチ」が紹介されてました

あまりにも効果的なので大きな話題となりました。

 

その方法がこちら

 

テル1

 

テル2

 

このケア方法メチャ効果あります!!

 

寝違えだけじゃなく肩こり、首こりにお悩みの方も

 

肩や首の動きがスムーズになるのでぜひ試してみてください。

 

補足ですが

 

 

寝違えの原因が腋窩神経の圧迫によるものと書いてます

 

テル3

 

 

神経の圧迫があれば感覚障害や運動麻痺が生じます

 

 

このケースでいえば寝違えた側の腕が上がらない、力が入らない、ピリピリ痺れてる

 

このような状態です

 

 

痛みだけなら十分対応できるケア方法です

 

 

もし、感覚障害や運動麻痺が発生したり数日続く場合は他の疾患を患ってる可能性があります。

 

 

速やかに専門院を受診しましょう!

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。