仙台市青葉区の仙台やさしい整体には、「どこへ行っても良くならなかった」という患者さんが仙台中からやってくる整体院が北仙台駅にあります。痛い患部に直接触れずにやさしく痛みをほぐす整体法でヘルニアや膝の痛みを取り除きます。

テニス肘でお悩みのアナタヘ

  • HOME »
  • テニス肘でお悩みのアナタヘ

仙台でテニス肘にお悩みのアナタヘ

マイベストプロ 仙台仙台市青葉区でテニス肘の治療に取り組んでいる望月と申します。

私の院は、北仙台駅から10分もかかる立地条件なのですが、テニス肘の患者さんが仙台じゅうから来院されます。

もし、あなたが、

  • ラケットを振るときに肘が痛い
  • 練習後に肘が痛くなる
  • 肘の内側や外側、後ろが痛い
  • 肘が腫れている
  • 肘の動きが悪い
  • 肘がぐらぐらする
  • 肘の中で音がする
  • ボールを打つと肘から指がしびれる
  • 握力が落ちる

こうしたテニス肘にお悩みならお役に立てると自負しています。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)の痛み

「肘を伸ばすと肘の外側が痛い」

「手首を曲げると、肘の外側が痛い」

というテニス肘の症状は、テニスををしている人だけでなく、

ゴルフのスイング(ゴルフ肘)や、

主婦がタオルを絞った時、

パソコン作業でキーボードを打つ時も発生します。

注意!常識のウソ

テニス肘は急性期に患部の圧迫・固定をするのが常識です。

ですが、固定によって可動域が制限されたまま組織が回復すると、運動を再開するたびに炎症がぶり返します。

テニス肘のケア

テニス肘になると、タオルをしぼる動きや、手の平を下に向けて物を持つと痛みます。

これは、肘の外側の筋肉をつかう動作だからです。

このとき、筋肉の引っ張る力が掛かる骨と筋肉の付着する部分に痛みが走ります。

テニス肘のケアは、まず痛みのはしる部分の炎症をとることから始まります。

kinmakuですが、「動かすと駄目!」と思い込んで、安静にしすぎると筋膜が癒着してゆきます。

筋膜とは、ソーセージの皮のように筋肉をつつんでいる膜のことです。

 

筋肉の中には、筋肉とリンパ液が入っています。

 

このリンパ液は、血液から酸素とタンパク質だけを抽出した無色透明な液体です。

 

筋肉は、リンパ液から酸素を受け取って呼吸していますが、疲労してくると固くなって縮んでしまい、リンパ液が抜けてしまいます。

この状態で長時間使いつづけると、筋膜と筋肉がビチャっとひっついてしまうのです。

コレを癒着といいます。

 

安静にしすぎると、筋膜の癒着がおこって、その癒着した部分んに強い力がかかるとテニス肘を再発します。

この時に有効なのは、筋膜と筋肉をはがす筋膜リリースという治療法です。

筋膜リリースは最近NHKのためしてガッテンでも紹介された新しい治療法です。

病院では筋膜と筋肉のあいだに生理食塩水を注射して筋膜リリースを行ない癒着をとります。

ですが、当院では筋肉へ刺激をおくってリンパの循環を促す方法で筋膜リリースを行なっています。

肩への施術事例ですが、約10病でリンパが流れて筋肉は柔らかくなります

繰り返すテニス肘

テニス肘を1年いじょう繰り返してる方もいらっしゃいます。

こういう方は、筋膜が癒着している状態で長い時間使い続けてしまい、関節がズレていることが多いです。

 

こうなったテニス肘は、ほうっておいても改善するものではありません。

 

 

筋膜の癒着をリリースし、肘関節のズレを整えていく必要があります。

筋膜のケアは肘のコンディションを保つ上で本当に重要です。

スポーツのトレーナーでも、筋膜のケアが出来る方はまだまだ少数です。

ですが、

血液の循環、リンパの循環が悪くなって癒着している筋肉をリリースすると、痛みで疲れてしまっている体がスッキリします。

姿勢の調整も大切です。

b61f1528fca9e64e6f4784cb0f71c98b体のバランスが整うことにより、肘の周りの動きも軽くなってきます。

骨の位置・関節の動きが正常になるようにしていくと、体は勝手に良くなっていきます。

エキテン口コミランキング1位

banner_blog

最新の院長ブログ

初回限定価格3980円

sidebar_contact_banner

PAGETOP