シンスプリントでお悩みのアナタヘ

kotsuban仙台でシンスプリントにお悩みのアナタヘ

名称未設定-1

はじめまして仙台やさしい整体の望月と申します。

私は長年サッカーをしてきて、シンスプリントに悩む仲間を沢山みてきました。

サッカー選手がシンスプリントになると走れない、蹴れない・・・

どうしようもありません。

中には、スネの痛みをかくして練習をつづけたために疲労骨折になった選手もいました。

治療家になった今なら力になれるのですが・・・

当院には、シンスプリントに悩むスポーツ選手がたくさん来院されます。

あなたが、

  • スネが痛い
  • スネの痛みで走れない
  • シンスプリントで部活を休んでいる
  • スネを押すと痛い
  • 整形外科で「シンスプリントですね」と診断された
  • スネの痛みがなかなか治らない
  • 病院、整骨院の治療でスネの痛みが改善しない
  • 何ヶ月も痛みを我慢してスポーツを続けている
  • 湿布と痛み止めしかもらえない病院では良くならない気がしている
  • とにかくシンスプリントをなんとかしてほしい

といった悩みをお持ちであれば力になれると自負しています。

image脛骨に痛みが続く症状をシンスプリントと言います。

強い負荷のかかる動きを繰り返すスポーツなどで、すねの骨に負荷がかかりをかけたことにより炎症が起こります。

 

一般的なシンスプリントの対処法では解消しないときには

これまで受けてきたシンスプリントの治療法は

  • 低周波、マイクロ波などの電気治療
  • アイシング
  • 筋肉トレ
  • テーピング
  • ストレッチ
  • マッサージ

などが多いと思いますが、

こうした治療は対症療法としての効果はあるのですが、根本的な原因にアプローチできません。

「体のバランスが悪い」という根本の原因から取り除かないと痛みは無くならないのです。

C2E7BAE5BBD4A1A1C3CBC0ADA1A1C1B4BFC8B6BAC0B5A

身体の中には運動の衝撃を吸収する場所がたくさんあります。

  • 足の裏にある「土踏まずのアーチ」
  • 膝の「半月板」
  • 骨盤や股関節
  • 背骨のS字カーブ
  • 椎間板

これらがバランスよく機能していれば、クッションが働くため痛みは起きにくくなります。

しかし、シンスプリントになる患者さんは体に歪みが出て、筋肉や関節が固くなってクッションが効かない状態になっているのです。

ですから、身体のバランスを診て、無理な負荷が加わっているところを楽にしてあげるアプローチが重要になります。

練習したいですか?治したいですか?

 

シンスプリントは我慢して練習していれば、そのうち治るものではありません。

また、進行すると疲労骨折を起こします。

ですが、適切な治療で炎症を鎮め、自然治癒を待てばよくなります。

選手生命を縮めてしまわないよう、今すぐ相談してください。