オスグッド病で部活を辞めたくないアナタヘ

kotsuban仙台でオスグットに悩み「もう部活をやめるしかないのか?」とお悩みのあなたへ

はじめまして仙台やさしい整体の望月と申します。

当院には、「病院でオスグットと言われて、成長期が終わるまで部活はやすみなさいと言われた。でも部活は続けたい」という患者さんが仙台中からやってきます。

そして、「最後の大会にスタメンで出れました。ありがとうございました。」「高校に行ってもサッカーをつづけます」と、治療を卒業していきます。

■仙台市内の女子中学生のお母様からいただいた喜びの声

うちの長女は、小3からバスケットボールを初め、中1の頃からオスグットに悩まされていました。

それまで毎日バスケットボールに明け暮れていましたのに、痛みで思う様に練習できくない。

かかりつけの整形外科や接骨院では、「痛みが激しい時は休んで下さい。」「練習後は冷やして下さい。」と言われるだけで特に治療法もない。

毎日帰宅するとひたすら氷で冷やし、痛みをこらえながらがんばりる娘を見て、少しでも痛みを和らげて最後の大会には思いきりプレーさせてあげたいと思う様になりました。

ネットで調べたり、人に聞いたりしながらオスグットのことを勉強し、こちらの仙台やさしい整体さんを見つけました。

最初は半信半疑でしたが、「完治は難しくても痛みは軽減できます」と心強い言葉をかけて頂きました。

最初の治療で「痛みがかなり楽になった」と言ってくれたので、引退までの通うと決めました。

「これで痛みがとれるの?」と思うくらいやさしい整体でしたが、多少の痛みがあっても全力で練習できるまでになり、最後の大会では悔いなくプレー出来たようです。

無事に最後の大会に出れて、思いっきりプレー出来て、親としてほっとしています。

先生で出会えて幸運でした。

娘は、「高校でもバスケットをやる」と言ってますので、ひきつづきお願いいたします。

こんなお悩みはありませんか?

  • 病院で「オスグットは成長期が終わるまで治りません」と言われて落ち込んでいる
  • 全力で練習できないのでプレーが下手になって焦っている
  • 痛そうにしている子供の姿を見るのがツライ
  • おもいっきりプレーさせてあげたい

もし、こういったオスグットの悩みから抜け出したいとお考えなら、仙台やさしい整体のオスグット治療がお役に立てると思います。

一般的なオスグッドの治療との違い

 

オスグッドは、本人にはとてもツライ症状です。

痛みを訴えても「成長期だから仕方ない。だれでも経験する。」と言われてしまい、

病院で先生の口から出てくる言葉は、

「安静にしなさい」「サポーターをしましょう」「練習の後はアイシングしましょう」「ストレッチしましょう」「痛み止めを出しましょう」

と、根本的な解決にならないものばかり。

本人にすればお茶をにごしているような感覚になると思います。

仙台やさしい整体のオスグット治療

よく「オスグットは大腿四頭筋が原因です。」と言われますが、私の経験では膝の靭帯、ハムストリング、股関節、骨盤、足首なども影響を及ぼしています。

ですので、大腿四頭筋だけでなく膝の関節の歪み〜骨盤の歪みを修正して、体幹をいかしてラクに立てるようにする治療を行ないます。

さらに、膝をかばって疲労して固くなった筋肉をゆるめ血行をうながして治癒力を高めていきます。

人間の背骨はつみ木のように小さな骨が積み重なっています。

この積木が崩れてしまうことが膝痛の原因です。

daruma

骨格がズレてバランスが崩れ、身体が傾き始めると、ナナメになった身体を支えるために筋肉にギュッと力が入ります。

この疲労が積み重なって筋肉がボロボロになると痛みが出るのです。

b61f1528fca9e64e6f4784cb0f71c98b

筋肉から痛みが生まれ、慢性化してしまう流れ

体の歪みを支えている筋肉が疲労してしまうと、パンパンに張ってきます。

これは、筋肉の新陳代謝が悪くなってくるためです。

筋肉は、血液から酸素や栄養分を受け取っています。

血管からリンパ液にしみだした酸素やタンパク質を吸い込んで、老廃物を吐き出す。

筋肉は伸びるときに酸素やタンパク質を吸い込み、縮むときに老廃物を吐き出すので、筋肉が固くなると酸欠になります。

正座をするとシビレ来るのは筋肉が酸欠になるからです。

マッサージは逆効果

「マッサージをすると筋肉が固くなる」って言ったら信じていただけますか?

「マッサージは少し痛いぐらいが気持ちいい」「弱いマッサージなんて効かない」っていう反論が聞こえてきそうですが、

筋肉は繊維でできているので、強い力でグイグイ押すと、繊維がプチッとちぎれてしまうのです。

「もみ返し」は繊維がちぎれてしまった証拠です。

そして、ちぎれた繊維は、太い繊維となって再生するので筋肉が固くなります。

つまり、マッサージによって筋肉がほぐれるどころか破壊されて固くなるのです。

では、どうやってほぐすのか?

「じゃあ望月先生はどうやってほぐすの?」

はい、私は「押さない・揉まない・引っ張らない」方法で筋肉をゆるめていきます。

それも、皮膚に近い表層の筋肉だけでなく、骨に近い深層の筋肉もゆるめてしまいます。

 

なぜ「押さない・揉まない・引っ張らない」のに効果があるの?

筋肉が疲労し、乳酸がたまってパンパンになる

脳からの信号が出て交換神経が働き(①血管が収縮し狭くなる。②運動神経が働き筋肉が緊張していまい血管が狭くなる)

血管の流れが悪くなる

栄養や酸素が不足する

痛みを起こす物質が体の中で生まれる

痛みを感じる に戻る

というサイクルで腰痛が慢性化していきます。

この悪循環を断ち切るために、筋肉にたまった疲労物質をリンパに流していきます。

アゴの食いしばりをゆるめて全身をリラックスさせていく

現代社会で生きている私たちは、毎日ストレスにさらされて知らず知らずの間にアゴにギューっと力が入っています。

無意識のうちに奥歯を食いしばり、咀嚼筋(かむ筋肉)がキンキンに緊張しています。

これをフーっとゆるめてあげると、全身がリラックスするのです。

マスコミでも注目されています

血行やリンパの流れが改善されると、肩こり・頭痛・耳鳴りの症状もよくなります。

また、血行も良くなりリンパの流れが改善され新陳代謝がアップするので、シワ・たるみ・むくみ・くすみなどお肌の悩みも改善されます。

その優れた美容効果が話題となって、各地のエステティック・サロンや、美容雑誌で活躍するモデルさんの間でも支持が広がっています。

zasshi